HOME > BLOG

member_sakuraba_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第29回 監事 桜庭大輔

企業間フューチャーセンターでは「個」が大事なのだ、ということだと思います。組織に埋没したがらない個人。集団に対して責任を果たす個人。出会いと気づきを求める個人。他者を尊重する個人。再現不可能な個性。新発想を展開する個性。無力な大衆のひとりとして、諦めながら生きるよりは、自己実現や納得感を得るため、オープンさと、コラボレーションを求める、個性的な個人たちの輪郭が、はっきりと浮き彫りになってくるように思えてなりません。

2014年01月23日

member_matsuhiro_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第28回 サポーター 松廣良子

私は企業間FCの活動から大事なモノを得ることができ、そこから自分が自分全部を使って実現したいコトを見つけることができました。・・・(中略)・・・父が大事にしていたコトを大事だと思える自分に嬉しくなり、また、大事だと思うコトを行動に移してゆくことで自分も子供達の中に生き続けていくことができるかもしれないという風に考えられるようになりました。私が実現したいコトは、地域でコドモからお年寄りまでをつなぐ“出張カフェ”を定期開催することです。企業間FCの活動の中で得られた「自信」と「自分の原点」を糧に近い未来に必ず実現することをココに宣言したいと思います。

2013年12月30日

member_fuyjimaki_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第27回 サポーター 藤巻(矢澤)弘美

2014年1月から、東北の経済復興を専門とするNPOに身を置き、新しい一歩を踏み出します。13年間も企業の中で働いてきた人間の、次のステップとしては、ちょっとしたチャレンジだと、周囲からはよく言われますが、自分の中では、ごく自然な流れだと思っています。私の働くフィールドは企業でもNPOでも、どのセクターであってもあまり関係ない。枠なんか、箱なんか気にせず、やりたいことをやりたい。そして、それが、誰かがこれから立ち上がるための役に立てばいい。なんだかんだ言って、やりたいことをやれて、普通にご飯が食べれて、時々おいしいお酒が飲めて、時々好きな野球でも観れれば私自身はそれで生きていけます。企業間フューチャーセンターにはさまざまな人たちが集まっていますが、どうやら、私の知る限り、そのシンプルな思いが根っこで共通していて、それが、原動力になっているのでしょう。これからも、そうあり続けてほしいし、私も可能な限り、そこにリンクしていければと思います。・・・

2013年12月23日

member_kobayashi_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第26回 サポーター 小林明子

私は企業間FCの存在それ自体がある意味、壮大な社会実験だと感じています。そして来年はさらにその真価が問われていくのであろうとも。ただ一つだけ、私なりに確信しているのは、企業間FCは“イノベーションの揺りかご”であるということ。ここに関わることを通して、それまで意識していなかった課題や問題に「気づき、考え、動く」人を育てる孵卵器の役割を果たし得ると思います。カフェはまさにその入り口で、問いの最後は必ず「あなたはどうしますか?」と自分ゴト化する仕組みになっています。・・・

2013年12月16日

member_okada_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第25回 サポーター 岡田昭伸

世の中には多くの課題があり、解決を期待している人もたくさんいると思います。企業間フューチャーセンターの取り組みは、そんな人たちを「つなぎ」、「オープンな場をつくる」ことによって、「みんなが主人公」になって、解決に向けた取り組みに深化させていく・・・、そんな可能性を感じます。今を生きている個々人にとって、未来のことはわかりません。漠然とした不安もあるかもしれません。しかしながら、みんなが私たちの未来を明るく、良いものにしたいと、願っているのではないでしょうか。積極的に人生と向き合い、成長していくためにも、皆さんのこれまでの知識、専門性などの英知を結集して、私たちの社会を培っていきたいですね。・・・

2013年12月09日

member_tsukamoto_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第24回 サポーター 塚本恭之

フューチャーセンターやワールドカフェはそんな文脈を超えて、企業人同士、企業人と他のセクター(NPO、フリーランス、起業家、公的機関等)の方々とのつながりを生み出し始めています。自己啓発や組織に貢献するために蓄えてきた力を、新しい価値に向かって「対話」という手法で生み出し始めています。それは組織偏重社会から個人尊重社会へのシフトであり、ビジネスパーソンの新しい像を生み始めているように思えます。私たちが社会人として社会にかかわり、そこに価値を提供するビジネスパーソンであるという根源的回帰活動こそ、こうした企業人や他セクターに務める人たちとのコラボレーションであると思います。私たちビジネスパーソンは“会社人”である前に“社会人”なのです。・・・

2013年12月02日

member_P_takahashi_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第23回 サポーター 高橋宏幸

私もそうですが、慣れると枠の中にいるのは楽です。特に必要が無ければ、普通は枠を越えようとは思わないでしょう。これからは、企業も1社で全てをまかなうのは難しいです。そうなると、企業の枠を越えなければなりません。仕事も幅を広げるには、様々な人と関わりをもって枠を越える必要があるでしょう。個人に関しては、自分を進化させる為にも自分の枠を越える必要があります。時代は大きく変わっていますし、そうすれば何か起こった時でも対応出来ると思います。そんなの無理と思う方も、少しだけ自分の枠を越えてみませんか。新しい何かが見えるはずです。・・・

2013年11月25日

member_akutsu_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第22回 サポーター 阿久津智(あくてぃ)

ワールドカフェは人をポジティブにし、心が通うことで深いネットワークを自分に与えてくれました。また、ワールドカフェを通じて出会った企業間フューチャーセンターでは、次の世代に僕らは何をすべきか、誰かに頼るのではなく子どもたちが未来を楽しみにする環境は自分たち自身でつくるものということを気づかせてくれました。・・・

2013年11月18日

member_suzuki_hideki_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第21回 サポーター 鈴木英樹

元々会社生活の中では、中途半端な正義を貫こうとするあまり、ある範囲を超えると自浄作用が働くクローズな体制にモチベーションを削がれ、発想自体間違えなのだろうかと、想いを抑え内に籠ってしまう日々を送っておりました。様々な迷いのある中で、どうにか気持ちを断ち切りたいと考えていた矢先、中村さんの勧めでワールドカフェ参加は当然である上、いきなりファシリテーターをやらせて頂く事に…。勿論断るという選択肢はありませんでした。前進あるのみです。・・・

2013年11月11日

member_takahashi_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第20回 サポーター 高橋弘次(しゃちょー)

こんにちは、高橋弘次です。「つなげる」というキーワードをコンセプトに、企業間フューチャーセンターの活動では「人をつなげる」活動、本業では、「ネットワークをつなげる」一環として通信機器の開発に携わらせていただいています。・・・

2013年11月 4日

member_usui_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第19回 サポーター 臼井清

昨今は半沢直樹で多少持ち直した(?)とは言え、会社勤めのイメージは今一つ格好良くないのが現実です。もっとポジティブな印象を与えるにはどうしたら良いだろう?できれば近い将来、小学生のなりたい職業のベスト10にサラリーマンを加えたい。そんな想いから、まずは格好良いサラリーマン(ウーマン)の実例を探し歩くことにしました。企業間フュチャーセンターとご縁ができたきっかけです。・・・

2013年10月28日

member_ohkoshi_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第18回 サポーター 大越瑛美

企業間フューチャーセンターサポーターの大越です。川端さんには身に余るご紹介を頂きましたが、こちらでは”宇宙人”と呼ばれています。企業間フューチャーセンターにはたくさんの異星人がいると思います。そんな多様な人々に出会える場です。そして誰もが宇宙人であることを感じて頂けたら幸いです。・・・

2013年10月21日

member_kawabata_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第17回 サポーター 川端健一

2010年12月16日、東京大学本郷キャンパスで行われた「学びカフェ」。一通り対話が終わり、各テーブルで「学び」のキャッチフレーズを発表となったとき、パッと思い浮かびました。ま・な・びの3文字を頭に、五七五の折句にした川柳。全てはここから始まりました。以来、企業間フューチャーセンターで開催するワールドカフェ「Future Innovation Cafe」にて、最後に私がこれをやるのがお約束になってしまいました。・・・

2013年10月14日

member_miyachi_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第16回 代表理事 宮地悠夏

企業間フューチャーセンターの生みの親、前代表の田口さんからバトンを引き継ぎました宮地悠夏です。大学卒業時、就職せずに道を探す決断をし、様々な活動に参加している中で田口さん、そして企業間FCのメンバーに出会いました。社団法人化を機に代表を務めることとなりましたが、まだまだ学ぶことの方が多く、研鑽を積みながら進んでいく毎日です。企業間FCに関わろうと決めたのは、そこに集まる人々がとても魅力的だと感じたからです。想いを持つ人が集い、それを形に出来るこの場を大切にしたい。私の想いはこれに尽きます。・・・

2013年10月07日

member_taguchi_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第15回 サポーター 田口真司

アイドルこと箕輪さんよりバトンを引き継ぎました田口真司です。2010年にワールドカフェに出会い、フューチャーセンターを知り、仲間と共に活動してきました。失われた10年、20年と言われる今、本当に失われたものは何なのか。その本質を考え抜き、これからの未来を創りだすことが我々の使命だと思っています。もちろんそれは一方的に与えるものではなく、世の中の多くの人と一緒に活動することを目指します。カリスマ的リーダーを求めるのではなく、一人ひとりが自分ごととして歩んでいく世界を創り上げていきましょう。・・・

2013年09月30日

member_minowa_170-2.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第14回 サポーター 箕輪由紀子(アイドル)

硬派なイクメン北村啓泰さんよりバトンを引き継ぎました通称アイドルこと箕輪由紀子と申します。医療・介護施設等を運営サポートする法人の人事部で、教育研修を担当しております。現場の職員が患者さま、ご利用者さまから「笑顔とありがとう」を、たくさんいただけることが、私のミッションでもあり、喜びでもあります。・・・

2013年09月23日

member_kitamura_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第13回 サポーター 北村啓泰

西出恵美さんからバトンを頂きました北村啓泰です。ずいぶん良くご紹介をされてしまったので若干とまどっていますが、実際には「我が強い、暴れん坊」です。自社内では機器の納入コーディネートを行っている傍ら、「働きがい」や「Engagement」と言ったテーマに取り組むボランタリーグループのリーダーを行っています。・・・

2013年09月16日

member_nishide_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第12回 サポーター(広報担当) 西出恵美

「未来」を生きるお子様たちへの愛を、社会のための「未来創造の場」に真っ向から挑むパワーとして活動される杉浦直樹さんよりバトンを引き継ぎました「企業間フューチャーセンター」勝手に広報担当の西出恵美と申します。社内外多くの方々よりご縁をいただきながら、直感的に行動し、人と人、組織と組織、会社と会社をつなげることを楽しみ(道楽)として、自身のビジョン実現に向けて越境の日々を過ごしている私と「企業間フューチャーセンター」で共に学びませんか?・・・

2013年09月09日

member_sugiura_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第11回 サポーター 杉浦直樹

矢島奈生子さんよりバトンを引き継ぎました杉浦直樹と申します。IT企業で社全体の営業力強化施策とR&D投資業務を担当しています。企業間フューチャーセンター以外にもPTA役員を務める等、複数のコミュニティの運営に携わっており、コミュニティをいかに創造していくかが、昨今の私の関心事のひとつになっています。・・・

2013年09月02日

member_yajima_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第10回 Future Innovation Cafe #44「ジョシゴトカフェ」・#55「青参道アートフェアカフェ」企画 矢島奈生子さん

大親友からタスキを受けました、矢島奈生子と申します。女性の就労に特化したシンクタンクで働いています。これを書いているのが2013年8月ですが、会社は同年7月に設立したばかりで、第一号の社員です。日本にない幸せの価値観を求めて、社会人3年目に前職を退職してメキシコに。・・・

2013年08月26日

member_abe_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第9回 Future Innovation Cafe #47「音楽カフェ」・#51「政治カフェ」ゲストスピーカー 阿部志織さん

かっこいいオヤジになる為のヴァイオリンサロン「Ginza el Majesta」代表、阿部志織と申します。ヴァイオリン講師の他、「生演奏を身近に」をテーマに、お客様の見える距離、生音の届く範囲での演奏を心がけ、「会いに来るヴァイオリニスト(AKBならぬAKV)」として精力的に活動中。一方で、若者の政治離れを解決しようと「投票率100%プロジェクト」の代表も務めております。・・・

2013年08月19日

member_takenaka_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第8回 サポーター 竹中勇輔/築宙ゆうすけ

こんにちは。企業間フューチャーセンターの中では若手に位置すると思っているゆうすけです。今ここに記したいことは、自分に正直であろうということです。自分がやりたいことをやるということです。真剣にやったら大丈夫です。あるがままでいることが大切なんだと思います。・・・

2013年08月12日

member_nakamura_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第7回 サポーター 中村哲也

こんにちは、企業間FCの立ち上げから関わっている中村です。今回は二つの話をしたいと思います。まず、企業間フューチャーセンターの「名前の由来」を説明したいと思います。・・・

2013年08月05日

member_suzuki_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第6回 理事 鈴木核

いつも企業間フューチャーセンターに多大なるご支援をいただき、本当にありがとうございます。理事を仰せつかっております鈴木核と申します。私の人生の目的は「地球上のすべてがイキイキと自分らしく笑顔で生きることを実現すること」です。・・・

2013年07月29日

member_hatta_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第5回 理事 八田孝

日々、企業間フューチャーセンターの活動にご理解をいただき感謝しております。理事をしております八田孝です。いつも企業間フューチャーセンターに多大なるご支援を賜り本当にありがとうございます。・・・

2013年07月22日

member_masuda_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第4回 理事 増田典生

いつも企業間フューチャーセンターに多大なるご支援を賜り本当にありがとうございます。理事を仰せつかっております増田と申します。・・・

2013年07月15日

member_hashida_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第3回 サポーター 橋田佐和子

こんにちは、橋田佐和子と申します。一般社団法人企業間フューチャーセンターのお手伝いがしたいと思い、名刺作成や機会をみつけてワールドカフェ(Future Innovation Cafe)の企画・運営をさせていただいています。・・・

2013年07月01日

member_okamoto_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第2回 サポーター 岡本克彦

こんにちわ、岡本克彦(おかぽん)です。企業間フューチャーセンターLLP時代は組合員、そして、一般社団法人化した今はサポーターとして運営に携わっています。本業(!?)では、スマホやケータイのマーケティングを担当しています。・・・

2013年06月24日

member_yamashita_170.jpg

「よりオープンに、よりコラボレーティブに」リレーコラム 第1回 理事 山下智子

企業間フューチャーセンターに関わっていただいている多くのみなさまに、心から感謝を申し上げます。「よりオープンに、よりコラボレーティブに。」このフレーズとともに、2013年4月、一般社団法人企業間フューチャーセンターとしての活動が始まりました。活動に賛同して関わるメンバーが、どんな思いで活動に関わっているのか?一人ひとりの声をリレーコラムで綴っていきます。・・・

2013年06月17日